前立腺肥大症の症状とは?原因と対策を知ろう

前立腺肥大症

 

前立腺肥大は年齢とともになりやすい尿トラブルにつながる疾患で、40歳代ごろから次第に増加していき、50~60歳代になると約半数の人が肥大がみられます。

 

とくに男性の尿トラブルの原因の多くがこの前立腺肥大、もしくは前立腺炎に起因するものであると言いわれていす。

 

もちろん若くしてなる人もいます。男性なら誰もが他人事じゃないので、ぜひ積極的に改善や予防に取り組んでいきましょう。

前立腺肥大症って具体的にどんな症状?

  • 頻尿で夜中によく目覚める
  • 尿の勢いが弱い
  • チョロチョロとしか出ない
  • 尿意はあるのにトイレでなかなかで出ない
  • 残尿感がある
  • 尿意切迫感がある

これらが前立腺肥大症の代表的な症状です。

 

前立腺肥大症のそもそもの原因とは?

前立腺肥大による尿トラブルは、文字通り尿道のまわりにある前立腺が肥大してしまい尿道を圧迫し、緊張することでスムーズに排尿ができなくなります。

 

前立腺が肥大する原因自体はハッキリわかっていませんが、男性ホルモンの変化によるものと考えられ、肥満や喫煙との関連も指摘されています。

 

そもそも男性は40代を過ぎると誰しもこの前立腺が肥大していくものなので、とくに問題が生じていなければそれほど気にしなくても大丈夫なものなのです。

 

ただし、トイレが近かったり尿の出方が弱いと感じたら放置せず早めの対策を心がけましょう。

 

前立腺炎の原因は?

ちなみに、前立腺炎は比較的若い世代20~30代でも多くみられ、これは前立腺のなかに炎症が起きている状態で、細菌性の場合もあります。

 

また、長時間の移動やデスクワーク、過労やストレス、冷えなどの要因で起こると言われています。

 

前立腺肥大症と前立腺ガンは関係あるの?

前立腺ガンは世界的に男性ガン患者の死亡原因の第2位にもなっている深刻な病気なので、頻尿などの症状が出るとまずこのガンを疑って不安な気持ちになるかもしれません。

 

しかし、実はこの2つはまったくの無関係なのです。

 

それぞれで原因が異なるため直接的な関係はないと言わています。

 

前立腺肥大症は前立腺そのものが大きくなり尿道を圧迫するのに対して、前立腺ガンは前立腺の外側に癌細胞がひろがるので、頻尿などの自覚症状は現れにくいのです。

 

ただし、ガンとは直接関係はなくても、前立腺肥大による尿トラブルの症状があるなら軽視せずに早めにケアをしていきましょう。

 

前立腺肥大症の対策、治療法が知りたい!

前立腺肥大による頻尿などの尿トラブルは、その症状の程度によっても対策は変わってきます。

 

まだ症状が軽い場合は、自分ケアで回復させる、予防することも可能です。

 

慢性的に頻尿などの症状が出ている方、とくに尿が出にくい、出ないなどの重症になる前にはやめに病院で治療受けましょう。

 

自分でできる対策、治し方

男性向けに、前立腺肥大に効果があると言われているノコギリヤシサプリが有効です。

 

ノコギリヤシには前立腺肥大を抑制する働きがあり、この副作用として抜け毛が抑制されることから薄毛治療などにも用いられていることで有名ですね。

 

商品によってノコギリヤシの配合量やその他成分のバランスが違いますので、色々調べたり自分で試してみるのもいいでしょう。

 

手っ取り早くおすすめが知りたい!という方のためにここでは、ノコギヤシ配合量が最も多く男性に人気の高い「凄いノコギリヤシ」をご紹介します。

凄いノコギリヤシ

\業界トップのノコギリヤシ配合量/

 

病院での治療法

尿が出にくい、出ないなど重症なかたは迷わず早めに泌尿器科を受診しましょう。

 

基本的には薬物治療を行っていきます。抗生物質や抗炎症剤などを使用したり、尿が出なくなっている場合には排尿を促す薬を服用することもあります。

 

さらに進行度合いによっては肥大した前立腺を削る手術なども行われます。

男性は頻尿になるならないにかかわらず、加齢とともに前立腺は肥大していくものなので、少しでも尿トラブルかな?と思ったら早めにサプリメントで対策を取りながら、手術しなくて済むように重症化を避ける予防ケアをしてほしいと思います。